一人暮らしをしている間、当時人気があったストライプドワーフハムスターをペットとして飼っていました。
グレーの、背中に縦に縞模様のあるハムスターで、ちょうど手のひらに入るようなサイズで、飼育もしやすく1人暮らしのペットとしてお勧めです!まず、鳥小屋のような専用ゲージで飼えますし、エサは腐るようなものでもないので多少まとめてあげれてもOK。
数泊の旅行に行っても大丈夫です。
普段は野菜などもあげるのですが、基本的には木の実やヒマワリの種、ハムスター用のペットフード(ドッグフードみたいなもの)なので日持ちするのです。
意外にも?人に慣れるようで、帰宅すると寝床から起きて出てきたり、そばで雑用しているとゲージの隙間から鼻をだしてかまって欲しそうにしたり、手のひらにのせて撫でると、プルプルと気持ちよさそうにじっとしたりもします。
寿命が2年くらいなので、6匹くらい飼ったことがあるのですが、飼育方法や個体差・性別によってなつきやすいかどうかが違ってくるような気がします。
多少臭いはあるかもしれませんが、巣材などを週一回程度変えるようにすればそう気にならないと思います。
なかなか可愛いですよ~。

私が初めて飼ったペット

私はペットを飼わないようにしていました。
人間より寿命の短い動物が多いですし、永遠のお別れが必ず来ると思ったら飼えないんですよね。
でも、そんな私にも高校生のとき、運命の出会いがありました。
それがゴールデンハムスターのミルクちゃん。
いとこの飼っていたハムスターが5匹の赤ちゃんを産んだんです。
4匹の赤ちゃんは白い体に茶色のブチ模様だったのに、ミルクちゃんだけが全身真っ白でとても可愛いくて。
どうしてもミルクちゃんを連れて帰りたくなり、両親にお願いして飼うことにしました。
早速ケージ・巣箱・エサ入れ・回し車などを飼ってきて、ミルクちゃんが過ごしやすい環境を作りました。
回し車をカラカラ回しているミルクちゃんを見て楽しんだり、ケージから出して手のひらに乗せ、ひまわりの種を食べている様子を見たり、毎日それはそれは楽しい日々でした。
ミルクちゃんは一年で亡くなってしまったのですが、本当に幸せな時間をくれたことを今でも忘れません。
ミルクちゃんを飼ってから、永遠のお別れが寂しいからペットは飼わない、という考えを改めました。
やっぱり一緒に過ごす時間はかけがえのないものですから。